光と氷の美しさに包まれて〈層雲峡氷瀑まつり〉

層雲峡の冬の一大イベント、氷瀑まつりが今年も始まります!北海道の“三大冬まつり”の一つとも言われる真冬のイベント。「氷瀑」とは、滝から流れる水が凍ることを意味します。極寒の寒さを活かした大小さまざまな氷のオブジェの輝きをお楽しみください。 (取材時期/2022年1月)

Shop Data

上川町層雲峡温泉
開催地 上川町層雲峡温泉(上川町層雲峡氷瀑まつり特設会場)
日にち 1月29日㈯~3月13日㈰
時間 17:00~21:30
料金 1人500円の協力金をお願いしています。
連絡先
01658-2-1811(層雲峡観光協会)
URL https://sounkyo.net/hyoubaku

真冬ならではの美しさを体感!

氷点下2桁まで気温が下がる日も多い、上川町の冬の夜。もちろんとっても寒いのですが、凛と澄んだ空気の中だからこそ、より美しく感じられる光景があります。防寒対策をしっかりして、層雲峡氷瀑まつりへ出かけましょう。

イベント自体は夕方から開催されていますが、会場内が最も幻想的になるのは夜でしょう。石狩川の水から作られる氷像や氷のトンネル、大小さまざまなオブジェが七色の光でライトアップされる光景は幻想的で、その美しさは「日本夜景遺産」に認定されるほど。氷に反射する光はどこか柔らかで、思わずうっとりしてしまいます。

大きな氷像の中に足を踏み入れると、そこは氷のトンネルになっています。写真を撮ったり、「どうやって作ったんだろう?」と想像を膨らませたり、氷のイスに腰かけてみたりと、楽しい散策が続きます。

開催期間中はさまざまなイベントも。

地元上川の地酒が楽しめる「北の氷酒場」をはじめ、「アイヌ民族舞踊」などの催しも行われます。さらに見逃せないのが、会場で打ち上げられる「冬花火」。夏に見る花火とはひと味違う、冬ならではの美しさ。冷え込んだ空気の中に、色鮮やかな花火が舞います。

イベントのスケジュールは、層雲峡氷瀑まつりのWebサイトからご確認ください。小さな子どもに大人気のチューブスライダー体験もありますよ(有料)。

防寒対策はしっかりと。

夜は特に冷え込むので、暖かい服装が必須です!ダウンジャケットなど厚手の上着などがおすすめ。手袋や帽子、マフラーなどの小物もお忘れなく。足元は滑り止めの付いた靴があれば安心です。

寒さ対策をしっかりして、層雲峡氷瀑まつりを心ゆくまで楽しみましょう。会場は層雲峡温泉街にあるので、宿泊とセットで楽しむ方が多いそうです。もちろん日帰り入浴ができる施設も多いので、日帰りで参加する場合でも身体を温めることができます。詳しくは、層雲峡観光協会のWebサイトからご確認ください。

※記事の写真には、過去に開催された時の様子も含まれます。
※このイベントは、感染症対策をとった上で催行されています。新型コロナウイルスの影響により、各種プログラムが中心になる場合があります。


この事業は公益財団法人北海道市町村振興協会(サマージャンボ宝くじの収益金)の助成を受けて実施しています。

この記事を書いた人

スロウ日和編集部

スロウ日和編集部

好みも、趣味もそれぞれの編集部メンバー。共通しているのは、北海道が大好きだという思いです。北海道中を走り回って見つけた、とっておきの寄り道情報をおすそ分けしていきます。