〈2月9日〆切〉なかがわの森から届く香りと手仕事

旭川市と稚内市の間にある、人口1,500人ほどの町「中川町」を知っていますか?一級河川の天塩川が悠々と流れ、美しい森に囲まれている小さな町です。今回は中川町とオンラインで繋ぎながら、家の中で「冬の森歩き」と「トドマツクラフトのワークショップ」を体験していただくオンラインツアーの参加者を募集します。トドマツクラフトのワークショップに使う材料は、事前に自宅へお届けしますのでご安心を。冬の凛とした森の空気や、そこで生きる作り手たちの息遣いが伝わってくるようなツアーです。

ツアー内容

なかがわの森から届く香りと手仕事
開催日時 2月17日㈬ 13:30~15:00(約1時間30分)
料金 大人・小人 お1人様5,500円(税込)
※クラフトキット1セットに対して、お1人分の料金がかかります。1つのキットを数人で使用する場合、追加料金はかかりません。
※自前のグルーガンをお持ちの方は、5,000円(税込)でお受けいたします。

料金に含まれるもの ガイド料、ワークショップ体験料、トドマツのクラフトキット、グルーガン、送料、消費税
持ちもの PC・タブレット・スマートフォン、ハサミ、作業用手袋、新聞紙
URL https://slow-life-hokkaido.com/ja/tour/nakagawa-town-forest-and-handicraft-online-tour/

オンラインツアーの流れ

13:30オープニング
13:40生配信 なかがわ冬の森歩き
14:00中川町紹介動画
14:10ワークショップ「トドマツ香る ウォールグリーン」
14:40コミュニケーションTIME
15:00終了

まずは「なかがわ冬の森歩き」。雪の降り積もった森を生配信でガイドしてくれるのは、PLT(プロジェクト・ラーニング・ツリー)ファシリテーターの、髙橋直樹さんです。

スノーシューを履いて、ふかふかの森へ。草木に関する豊富な知識を活かして、その植生や動物たちの営みのことを、私たちに分かりやすく教えてくれます。

森のことをたくさん知れたら、今度は森の材料を使ってクラフト体験をしていただきます。題して、ワークショップ「トドマツ香る ウォールグリーン」。体験に使う材料は事前にお送りするので、モニターの前に用意しておいてくださいね♪

講師は、中川町の木工作家、髙橋綾子さん。綾子さんは、宮城、山形、東京で木工を学び、2014年中川町へ移住。器やアクセサリーを中心に創作活動を行っています。

トドマツをチョキチョキ切ったり、フレームに差し込んだり。それぞれのペースで、作品を仕上げていきます。

スロウ日和編集部

だんだんトドマツの心地よい香りがしてきて、目を閉じるとなんだかまるで中川町の森の中にいる気分。心が次第に凪いていくのを感じます。

30分ほどの作業を終えたら、最後はコミュニケーションTIME。「中川町ってどんな町?」「森のこともっと教えて!」、そんな質問をたくさん投げかけてみてください。

※写真はすべてイメージです。実際の内容と異なる場合があります。

この記事を書いた人

スロウ日和編集部

スロウ日和編集部

好みも、趣味もそれぞれの編集部メンバー。共通しているのは、北海道が大好きだという思いです。北海道中を走り回って見つけた、とっておきの寄り道情報をおすそ分けしていきます。