本業は酪農家。客の要望に応え進化する〈別海まきばの湯 しまふくろう〉

道東の主要道路である国道272号線と国道243号線が交わる交差点にある「しまふくろう」。知床羅臼と釧路のちょうど中間地点にあり、立ち寄る人も多いそう。バス停も併設された広い敷地に、宿泊施設と飲食施設を備えた温泉がオープンしたのは今から10年ほど前のこと。源泉掛け流しの温泉管理からレストランまで、母娘が力を合わせて運営しています。

Shop Data

別海まきばの湯 しまふくろう
住所 別海町西春別321
電話番号 0153-77-2960
営業時間 10:00~21:30(最終受付21:00)
URL https://www.shimafukurou-makiba.com
日帰り入浴 大人(中学生以上)500円、小人(小学生以上)200円

道産スペアリブを使用しじっくり煮込んで作った『しまふくろう特製カレー』。

シンプルでアットホームな空間を

町内で酪農を営む市川さんがこの場所を買い取ったのは約1年前。いずれ温泉熱で水耕栽培を始めることが目的だった。「温泉を再開してほしいという問い合わせが思いのほか多くて。施設は古いし配管もぼろぼろ。それまで私は他の場所で働いていたのですが、自分たちで改装してやろうということで戻ってきたんです」と聖母さん。もちろん温泉を扱うのは誰もが初めての経験。それも源泉掛け流しのため、微妙な温度調整など慣れるまでは時間がかかったという。

より快適な空間で温泉を楽しめるようにすることに加えて、娘の市川聖母(まりあ)さんと母の英蘭(えいらん)さんが力を入れているのはレストランの食事。「せっかく食べるなら身体に良いもの、つまり国産を中心に添加物もあまり使わずに作っています」と話す。素材を厳選し丁寧に手作りされたメニューばかり。温泉だけではもったいない。ぜひ食事と合わせて楽しんでもらいたい場所だ。

建物2階にある客室は全室ツインルームで広々。

(取材時期 2018年4月1日)

この記事の掲載号

スロウな旅北海道⑦

北海道で暮らす私たちが思う「心豊かになれる旅」を提案。東北海道エリアを対象にした3泊4日のドライブルートやツアーの情報。パン屋や温泉、宿など旅の目的地として魅力的なスポットを紹介します。

この記事を書いた人

スロウ日和編集部

スロウ日和編集部

好みも、趣味もそれぞれの編集部メンバー。共通しているのは、北海道が大好きだという思いです。北海道中を走り回って見つけた、とっておきの寄り道情報をおすそ分けしていきます。