ニセコの四季を感じながら、温泉+とんかつの日帰りも〈湯心亭〉

ニセコの中心からは少し離れた森の中。湯心亭の温泉の一番の魅力は、広大な露天風呂です。季節によって表情を変え、緑や紅葉、雪景色が一面に広がります。また、併設されたレストランではブランド豚「こな雪とんとん」のとんかつを楽しめます。軟らかくてジューシーなとんかつを味わうと、入湯税のみで温泉に入れる「とん浴」も好評です。

Shop Data

ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭
住所 ニセコ町ニセコ438
電話番号 0136-58-2500
URL https://www.niseko-annupurionsen.com
宿泊料金 1泊2食付9,980円~/人
日帰り入浴
大人1,000円、中学生900円、小学生500円、未就学児無料

ぐるりと一面、季節を感じられる広い露天風呂

ニセコアンヌプリスキー場から、車で約5分。賑やかなニセコの中心地から少し離れた森の中に「ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭」がある。大きな暖簾をくぐって中に入ると、すぐに内風呂の扉。24時間こんこんとお湯が湧き出る石造りのお風呂だ。そこから外に出て回廊を抜けると目の前に現れる広大な露天風呂に、思わず歓喜の声が上がる。

「春から夏は辺り一面が緑に染まり、秋は紅葉、冬は雪景色を眺めることができます。自然に囲まれたこの露天風呂が、一番の魅力です」とは、マネージャーの小成(こなり)由行さん。お湯は無色無臭の100%源泉掛け流し。「塩素をはじめとする薬品などは一切使用していないので、夏には苔などの緑藻が元気に育つほど。正真正銘の天然温泉なんです。角質除去や保湿の効果も期待できると言われていますが、とにかく身体の芯からぽかぽかと温まりますよ」。

定食を食べると、入湯税のみで日帰り入浴ができる

宿泊もできるので、本州からの旅行者にとっては、函館から札幌に向かう中継点としても重宝されているそう。また併設したレストランではランチ限定で、ブランド豚「こな雪とんとん」を使ったとんかつを提供。

「軟らかくてジューシーで、脂身の甘味がしっかり感じられるおいしさです。定食を召し上がった方は、入湯税のみで温泉に入ることもできますよ」と小成さんが教えてくれた。森の中の天然温泉と、ニセコの大自然と、極上のとんかつ定食と。身も心もお腹までも満足できる穴場なのだ。

(取材時期 2020年7月10日)

この記事の掲載号

スロウな旅北海道⑩

北海道で暮らす私たちが思う「心豊かになれる旅」を提案。全道エリアを対象にした3泊4日のドライブルートや体験型・滞在型のツアー情報。パン屋や温泉、宿など旅の目的地として魅力的なスポットを紹介します。

この記事を書いた人

スロウ日和編集部

スロウ日和編集部

好みも、趣味もそれぞれの編集部メンバー。共通しているのは、北海道が大好きだという思いです。北海道中を走り回って見つけた、とっておきの寄り道情報をおすそ分けしていきます。