1万年の歴史と涼を感じる、最北の鍾乳洞へ

日本最北の鍾乳洞。貝類や甲殻類からなる石灰岩の中に形成された鍾乳洞は珍しく、大小含め3つの鍾乳洞のうち、最も大きな第1洞の内部が、5月から10月末まで公開されています。周辺は公園として整備されていて、その姿や大きさから名づけられた軍艦岩のすぐ前は、春にはピンク、紫、白など色とりどりの芝桜が咲き誇る丘に変わります。

夏の鍾乳洞は良いもの。蒸し暑い日に鍾乳洞の入口に立つと、奥の暗闇から流れ出す冷気に、足元からじわじわと包み込まれます。ほんの少しの恐怖心を探究心でごまかしながら先へ進みましょう。

Shop Data

中頓別鍾乳洞 自然ふれあい公園
住所 中頓別町字旭台24-1
電話番号 01634-6-1111(中頓別町役場)
開園期間 5~10月
開園時間 9:00~17:00 ※入園は16:30まで

写真提供/中頓別町

(取材時期 2020年7月10日)

この記事の掲載号

スロウな旅北海道⑩

北海道で暮らす私たちが思う「心豊かになれる旅」を提案。全道エリアを対象にした3泊4日のドライブルートや体験型・滞在型のツアー情報。パン屋や温泉、宿など旅の目的地として魅力的なスポットを紹介します。

この記事を書いた人

スロウ日和編集部

スロウ日和編集部

好みも、趣味もそれぞれの編集部メンバー。共通しているのは、北海道が大好きだという思いです。北海道中を走り回って見つけた、とっておきの寄り道情報をおすそ分けしていきます。