駒ヶ岳の美しさに惚れ込んで。一棟貸しのコテージを開く〈coco-desse〉

「朝は駒ヶ岳の向こうから朝日が昇る。夕方になると、今度は夕日を反射して、山全体が赤く染まるよう。冬の駒ヶ岳も、それはきれいなの」。元々札幌で暮らしていた住吉敏博さん、ともさん夫妻が駒ヶ岳の美しさに惚れ込んで、この土地に移り住んだのは、2013年のこと。
 
2人は雑草地だった土地に住まいを建て、建物の周りには樹木やハーブ、バラなどの花を植えました。やがて、2人が惚れ込んだ景色はさらに彩り豊かなものになりました

この景色を多くの人に楽しんでもらえるようにと、住まいの側に1日1組限定の山小屋風の宿をオープン。誰もが気軽に訪れられるカフェも併設しました。宿にもカフェにも大きな窓があり、晴れた日にはキラキラした陽が差します。そしてその向こうには、いつだって美しい駒ヶ岳の姿があるのです。

Shop Data

cafe&lodge coco-desse
住所 森町駒ヶ岳247-5
電話番号 0137-47-1175
営業期間 3月中旬~11月下旬(変更になる場合があります)
URL http://coco-desse.kokage.cc
宿泊料金 1泊朝食付 10,000円~※料金は参考価格です。詳細は電話にて確認を。

この記事の掲載号

スロウな旅北海道⑩

北海道で暮らす私たちが思う「心豊かになれる旅」を提案。全道エリアを対象にした3泊4日のドライブルートや体験型・滞在型のツアー情報。パン屋や温泉、宿など旅の目的地として魅力的なスポットを紹介します。

この記事を書いた人

スロウ日和編集部

スロウ日和編集部

好みも、趣味もそれぞれの編集部メンバー。共通しているのは、北海道が大好きだという思いです。北海道中を走り回って見つけた、とっておきの寄り道情報をおすそ分けしていきます。