美しい道(ピリカ・ル)に続く、コーヒー家族のカフェへ

大樹町,カフェ,自家焙煎,コーヒー,ケーキ,食事

「宇宙のまちづくり」を掲げる大樹町。ピリカル珈琲店があるのは、国道336号線(通称ナウマン国道)沿い。看板を目印にして進んだ小道の先に佇む、小さな店です。緑に囲まれた心地よい空間で、自家焙煎コーヒーと、手作りランチ&スイーツを味わえます。近隣には、全国的にも珍しいヨード泉の晩成温泉もあります。ドライブルートにもぴったりです。

Shop Data

ピリカル珈琲店
住所 大樹町字晩成274-2
電話番号 01558-7-8008
営業時間 11:00~17:00(ランチL.O.15:00、ケーキL.O.16:00)
定休日 火~木曜
URL Instagram:@pirikaru_coffee
器のこだわり 店で使う器は、お母さんの手づくり

コーヒー好きな父娘が営む、森の中のカフェ

個人宅のような玄関の扉を開けると、出迎えてくれたのは、革のハンチング帽とインディゴのエプロンが似合う、緒方清さん。奥の厨房でケーキを焼いているのは、娘の彩子さん。ここは、父娘が営む森の中の珈琲店。

若い頃からコーヒーが大好きだった清さんは、30代前半、帯広のアリタコーヒーで働く機会を得る。「有田証太郎さん(大正時代、コーヒーの国内普及に携わった先駆者)が豆を焼くのを見ているうちに、『淹れてみないか?』って言われて。基本的なことは教わりました」。そのときから、清さんの焙煎人生が始まった。が、あくまでも趣味として。自分や家族やコーヒー好きな友人のために、生豆を焙煎し、挽いて、コーヒーを淹れ続けてきた。

「仕事は、士幌で肉牛屋、大樹で牧場、牛の削蹄師(爪切り)など。その後、年金でのんびり過ごしていたんですが…」。そんな清さんに、この物件の話が突然舞い込んできたのだそう。

「最初は、とても店なんて、と思ったんですが、娘と話しているうちに『面白いかもしれないね』となりまして…」。2018年6月14日にオープン。

家族の力が合わさって生まれる、穏やかな空間

厨房を覗くと、使い込んだ手回しの焙煎機が見える。「とにかく火加減が大切」と語る清さん。これをガスコンロに乗せて、細かく火力調節をしながら豆を焼く。隣には、同じく年季の入った大きなミル。約40年の集大成が、ブラジル、コロンビア、モカ、キリマンジャロによるピリカルブレンドなのだ。

なぜコーヒーが好きなのかを尋ねると、「戦争直後だったのに父がコーヒーが大好きで。物心ついた頃から、家の香りがコーヒーの香りだったんです」と清さん。もちろん娘の彩子さんも、コーヒーが大好き。そして清さんが淹れたコーヒーは、妻のまち子さんが焼いたカップで提供。さらに、彩子さんが焼いたケーキが添えられる。

ここには、お父さんがいる日曜日の午後のような、穏やかで温かい時間が流れている。

(取材時期 2018年10月25日)

清さん

「スロウ日和をみた」で、ご注文をいただいた方へコーヒー100円引き。

この記事の掲載号

northernstyle スロウ vol.57
「自然がくれる薬箱」

自然の力を借りて自分らしく心豊かに暮らす人たちの暮らしの知恵を集めた。漢方や薬草、湯治など、北海道流東洋医学を特集。

この記事を書いた人

家入明日美

家入明日美

火の国・熊本出身。野生動物の勉強がしたくて北海道へ移住し、自然のことを伝えたくてスロウ編集部に入る。馬とナキウサギ、やんちゃな飼い猫と怒髪天が心のオアシス。